ネスカフェの「ドルチェグスト」に限らず、こう言ったコーヒーマシンは細目なお手入れ(洗浄)をする事で寿命が長く保たれ、美味しいコーヒーを飲み続ける事が出来ます。

ここでは「ドルチェグスト」のお手入れ方法を分かり易く説明していきますね!

「ドルチェグスト」の構造について

お手入れ(洗浄)をするのに、なぜに「構造」から説明するのかと言うと、こう言ったマシンの不具合として一番考えられる部分は、コーヒーなどの固着による抽出量及び、味の変化などが多い為、抽出時の構造を知っておけば「清掃するポイント」が分かり、マシンを長く使い続ける事が出来るんです!

 

ドルチェグスト」は「Nespresso」などの、カプセルをマシンに投入する仕組みとは異なり、カプセルを「カプセルトレー」に乗せてマシンにセットしてからレシピを抽出するタイプなので、マシンの中はコーヒーやミルクといった液が通らない為、固着によるマシントラブルが起こりにくいコーヒーマシンと言えます。

 

しかし、だからと言って安心して洗浄もせず使い続けていたらマシンにも身体にも影響を及ぼしてしまうので、定期的な洗浄を心掛けるようにしましょう!


注目するお手入れ箇所とは?

「カプセルトレー」

今回は、自動のスタンダードモデルである「ジェニオ2プレミアム」を例に、注目すべき洗浄箇所を紹介していこうと思いますが、まず一番気を付けなくてはいけない場所が「カプセルトレー」です。

 

基本カプセルトレーには、コーヒーやミルクなどの各種カプセルをセットして使用する為、抽出後、不要になったカプセルを捨てる際、カプセル内に残った液が「カプセルトレー」に付着して固着してしまう可能性がある為、基本的にはレシピを抽出後、カプセルトレーを一回一回水洗いしてしてから使うのが一番望ましい使用方法だと思います。

 

特にミルクは、固着しやすい他、残ると臭いを発生させるので、衛生的な面から考えても細目に洗浄する事をおすすめします。

 

「給水タンク」

次にご紹介する洗浄ポイントは「給水タンク」なのですが、実はドルチェグスト「ジェニオ2プレミアム」の給水タンクの構造がとっても不評で、ネットなどでレビューしているほとんどの方が、この「給水タンク」について「どうしてこんな形しているの」と意見をしているくらい「洗いにくい」構造となっています。

 

写真で見ても分かる通り給水口が小さく、手を入れてスポンジなどで洗うと言った行為が非常に困難な為、別途洗浄道具などを購入して洗わないと「洗えない」形をしており、道具がなければ水を入れて濯ぐくらいしか出来ない感じです。

 

構造上、使用時はタンクを取り外して給水、マシンにセットしてしまえば埃などの侵入はそれほど心配ないにしても、全然洗わないで使用し続けるというのは疑問が残るので、何回に一回は道具を使用して洗浄をした方が衛生的に良いと思います。

 

「ダストBOX、トレー」

最後に「ダストBOX」と、コップをセットする「トレー」についてですが、この二点に関しては放置してしまいがちですが、私個人的には一番洗浄しなくてはいけない部分だと思っています。

 

実際のところ私は「ダストBOX」を使用しておらず、レシピを抽出後、使用済カプセルは流し台に置いといて、カプセル内の水気がなくなったらゴミ箱直行なので、それほど気にしていませんが、もしも「ダストBOX」を使用していた場合、使用済カプセルを何個か溜まるまで放置しておくと、カプセル内に残っていた液がダストBOX内に溜まり、そのうち嫌な臭いを発生させるので、細目に捨てて細目に洗浄を心掛けると良いと思います。

 

トレーに関しても同じことが言えて、「ドルチェグスト」は抽出後、残液が思った以上にあるので、トレーに落ちた液が悪臭や汚れの原因にならないように、こちらも細目に洗浄をした方が良いでしょう!

 

ちなみに「残液」が気になる方は抽出後、カプセルトレーに残っている使用済カプセルを素早く捨てると「残液」が軽減出来ます。

(※使用済カプセル内部にはコップに落ち切れなかった液が、かなり残っています。)

 

「ドルチェグスト」のお手入れ方法まとめ

店長が所持している「ジェニオ2プレミアム」を中心に説明して参りましたが、「ドルチェグスト」は比較的洗浄しやすい構造をしていますので、「お手入れは簡単かな」って思わせる一方で、給水タンク」が洗いづらかったり抽出時「」が飛び散ったりで、難点も多いかと思いますが、長く愛用していく為には、お手入れを細目にする事が必要不可欠だと思います。

ネスカフェ「ドルチェグスト」公式ホームページはこちら⇒ネスカフェ ドルチェ グスト【ネスレ日本公式】

ネスカフェドルチェグストの簡単お手入れ(洗浄)方法で衛生長持ち!