Nespresso(ネスプレッソ)」と聞いて「何それ?」「知ってるけど…どんな感じ?」と、疑問に思っている方の為に、「Nespresso」を使い続けている私が知っている限りの基本的な部分を、今回は語っていきたいと思います!

カプセル型エスプレッソメーカー

最近のコーヒーメーカーは、豆を挽いた粉をドリップして淹れるタイプの他に、本格的にエスプレッソを抽出するタイプから、カプセルをセットして淹れるタイプまで、様々な形のコーヒーメーカーが存在しています。

 

そんな中から今回紹介するカプセル型のエスプレッソマシンが、ネスレの販売している「Nespresso(ネスプレッソ)」です。

 

Nespresso」は、厳選された産地の豆ごとにフレーバーを足すなど、様々なタイプの「グランクリュ(カプセルの事)」が存在していて、期間限定で限定カプセルを発売するなど、家庭で簡単に本格的なエスプレッソが味わえるコーヒーマシンなのです。

 

 

カプセル販売方法を知っておく!!

Nespresso」を購入して使用する上で、必ず知っておかないといけない事があります。

Nespresso」で使用する「グランクリュ(カプセル)」は、一般の販売店などでは購入する事ができず、「Nespresso」公式ホームページで注文するか、もしくは「Nespresso」公式販売店(百貨店などに出店しています)でのみ購入する事ができますので注意が必要となります。

 

淹れ方は簡単?

Nespresso」のマシンも数種類存在していて、タイプによっては多少操作方法が違う場合がありますが、基本的な部分は一緒ですので、簡単に説明しますね!

 

今回は私が所持している「ラティシマタッチ」で操作説明しますが、基本Nespressoは、「給水タンク」に水を入れて、電源スイッチを押して、点滅スイッチが完全に点灯したら準備完了となります。

 

ココで注意点!!

・「給水タンク」には絶対お湯は入れないで下さい!故障の原因になります。

 

・もう一点、一日の朝(使用する日の一回目)と、使用した日の最後に必ず湯通し(カプセルをセットせずに抽出)をして下さい!(内部洗浄をする事により、清潔プラス、マシンを長持ちさせる効果があります。)

 

一回目の湯通しが済んで準備が出来たら、カプセルレバーを上げて自分が飲みたいカプセルをセットして抽出ボタンを押すだけで、美味しいコーヒー(エスプレッソ)を淹れる事ができます。

 

後はもう一度、カプセルレバーを上げて下すと、使用済のカプセルが下のケースに排出されて、一連の流れは終了となります。

 

ねっ!簡単でしょ?

 

「Nespresso」はカプチーノも簡単に作れる?!

そうなんです!Nespressoは、カプチーノも簡単に作る事が出来ますので、コーヒーの濃ゆいのが苦手な女性たちにも人気があるんです!

 

ちなみに、ミルクを使用したレシピに関しては、「ラティシマタッチ」「ラティシマタッチプロ」以外のマシンだと、「エアロチーノ(ミルク加熱泡だて器)」が必要になり、作業工程が多少変わってきますので、今回は「ラティシマタッチ」を使用した「カプチーノ」の抽出方法をご紹介します!!

 

※以前日本の公式で扱っていたNespressoマシンの「マエストリア」は現在取り扱いがありません。

 

「カプチーノ」抽出手順

エスプレッソを抽出する手順で紹介した準備段階の他に、「ミルクタンク」に牛乳を入れてセットします。

 

ミルクタンクのノズルの角度を変更してから、上部にあるダイアル(泡の量)を自分好みに調節してから、右の列の真ん中にあるボタンを押すだけで、「カプチーノ」が抽出されます。

 

カプチーノ」の他にも「マッキャート」や、「ミルク(泡あわ)」だけでも抽出出来ますので、使い方次第では色んなレシピが楽しめます!

 

ココで注意点!!

・「カプチーノ」に限らずミルクモードを使用した際は、メニュー抽出後ミルクタンク上部にあるボタンを長押しして、タンク内部の洗浄をして下さい。

この作業は上部にて紹介した内部洗浄とは異なり、一回一回抽出するたびに洗浄を実行して下さい。

この作業を怠ると、タンク内部にミルクが固着して泡あわのミルクが抽出されなくなってしまうので、注意が必要です。

 

・もう一点、ミルクタンクに牛乳を入れて残ってしまった場合は、ミルクタンクごと冷蔵庫に保管して下さい。

ミルクタンクに中身を入れたまま冷蔵庫に保管した場合は、2日間をめどにタンクを分解して洗浄して下さい。(メーカー推奨)

 

気になるコーヒー一杯の値段は?

Nespresso飲んだことあって、美味しいけど高いよね」って、声が聞こえてきそうなので、「Nespresso」の気になる一杯あたりの価格を紹介しますと、カプセルによって価格は異なりますが、一番安いもので一杯あたり70円後半です。

期間限定モノや、一番高いもので90円後半ですので、大体一杯あたり100円と思っておけばいいと思います。

 

一杯100円って高くないですか

 

という声も聞こえてきそうですが、自動販売機で売られている缶コーヒーが一本130円で、コンビニで販売されているコーヒーが100円と比べれば決して高くないのではないでしょうか?

エスプレッソマシンなので、そもそも中身が違うため比較するのは難しいかもですが、味は確かに美味しいですし、家庭用でこれだけ美味しいコーヒーが味わえるのなら、一杯100円は妥当だと思っています。

 

Nespresso「自宅で簡単本格CAFÉ」まとめ

Nespresso」の基本的な説明と使い方を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

私はこの「Nespresso」のマシンを購入してから缶コーヒーを飲まなくなりました。

そのぐらい味の違いが、この私でも感じることができるので、「Nespresso」を購入して良かったと思っています。

 

確かにカプセルを購入する方法だったり、一杯あたりの価格が気になるところではありますが、一度購入して飲み始めてしまうとガブガブ飲んでしまうくらいお気に入りになるはずです。

 

「Nespresso」のマシン自体は家電量販店などで販売されており、たまに試飲などの実演販売もしていますので、気になった方は一度お試しあれ!!