Nespressoの「ラティシマタッチ」を使用する上で最も重要な作業として、「ミルクタンク」の洗浄があります。今回はその洗浄方法と、どの位の頻度で洗浄をしていったら良いかを語っていきますね。

お手入れは大事!!

Nespressoを購入する時って、「手軽で簡単」とか、「美味しい」などのイメージが先行して、洗浄などの「お手入れ部分」に関してはスルーされてしまいがちですので、常日頃から使用している店長が、お手入れに関する「大切さ」を細かく紹介して、みなさんに購入前に知っておいてほしいと思っております。

Nespressoのお手入れ

今回、「ラティシマタッチ」のミルクタンクに関するお手入れ方法を重点的に紹介しようと思っておりますが、その前に、「Nespresso」本体のお手入れに関して基本的な方法をお伝えしておきます。

 

Nespresso」の紹介ページでも簡単に説明しておりますが、Nespressoはカプセルをセットしてスイッチを押すだけで美味しい珈琲が飲めてしまうという優れものですが、コーヒーマシン事態を長期的に使い続ける為には、マニュアルに沿った「お手入れ」が必要不可欠で、そこの部分を怠ってしまうとコーヒーやミルクが固着してしまい、最悪コーヒーを淹れる事が出来なくなってしまうという事態になりかねませんので、細目に「洗浄」する事をおすすめ致します。

 

基本的な洗浄方法

1、朝一番に珈琲を淹れる際、給水タンクに水を入れ電源を押した後、スタンバイモード後に必ず一回カプセルをセットしない状態で運転ボタンを押し、「湯通し」を行って下さい。

 

2、一日の最後に淹れる珈琲の後にも、必ず一回カプセルをセットしない状態で運転ボタンを押して「湯通し」を行ってから電源を切るようにしましょう。

 

※これはマニュアルに記載されている基本的な洗浄方法ですが、店長が使用しているNespressoでは、一日の始めと終わりだけでなく、細目に「湯通し」を実践しております。(一回珈琲が固着して出にくくなった事があったから!)

 

運転モードでの洗浄方法は至ってシンプルなのですが、本体部分も定期的に洗浄をしなくては衛生的に良くないので、たまには分解して洗浄する必要があります。

 

マシンによって分解できる部分が異なり、洗浄できる箇所に違いがありますが、珈琲は思っている以上に固着して、詰まったり、臭いを発生させたりする原因にもなりますので、出来る限り細目に洗浄する事をおすすめ致します。

 

あと、湯垢洗浄に関してもメーカーが推奨しており、「使用から”6か月に一回”もしくは”600杯に一回”の割合で、湯垢洗浄剤を使用した湯垢洗浄をするようすすめられております。

※「湯垢洗浄剤×2回分(全マシン対応)」1,836円(税込)

 

ミルクタンク(ラティシマタッチ専用)洗浄方法

今までNespressoの本体に関しての洗浄方法を紹介して参りましたが、ここからは「ラティシマタッチ」に付属している「ミルクタンク」に関する洗浄方法についてご紹介していきたいと思います。

 

店長的には本体よりも「ミルクタンク」の洗浄の方が面倒で、実際運転モード時における洗浄方法と、タンク自体の分解洗浄方法をご紹介していきたいと思います。

 

運転時の洗浄方法(ミルクタンク)

1、ミルクレシピの抽出が完了すると、本体側にオレンジの小さなランプが点灯しますので、タンク側に付いている黒いボタンを押しっぱなしにして、蒸気が完全に停止するまで、離さないようにして下さい。

 

2、タンクの洗浄が終了したら、設置部分からタンクを離して残った牛乳を冷蔵庫でタンク事保管して下さい。

※注意点:残った牛乳をタンクで冷蔵庫に保管する場合、2日間以上保管しないようメーカーが推奨しております。

 

ミルクタンク分解洗浄方法

1、ミルクレシピを続けて使用されている場合、2日に一回はミルクタンクを分解洗浄しなくてはいけません。

つまみ、ノズル、吸引ゴム、接続部、を取り外し、パーツ及び、透明タンク部内を簡単に食器用洗剤で洗った後、洗い桶などに洗剤と共に付け置き洗いをして下さい。

 

2、すべてのパーツを洗った後、乾燥させてからバラバラになったパーツを組み上げてご使用下さい。

(※注意点:パーツを組み上げる際、回転方向や無理な組み上げ方をしてしまうとキズを付けてしまい、そこから蒸気が漏れてしまう可能性がありますので、ゆっくりと丁寧に組み上げる事をおすすめします。)

 

ミルクタンクのお手入れ方法まとめ

今回はNespressoを長く使っていく上でとても重要な部分である「お手入れ方法」をみなさんにお届けした訳ですが、店長も1年以上「ラティシマタッチ」を使い続けたくらいから、きめ細やかなミルクフォームが度々出来なくなってしまう事があって、Nespressoの店員さんにどうしたら良いか?を聞いた事がありました。

 

店員さん曰く、「とにかくしつこい位に(2、3度)洗浄してみて下さい。」とアドバイスを受け、運転モードでの蒸気洗浄と分解洗浄をしつこく実践してみたら、ミルクフォームが正常に抽出できた経緯があります。

 

店長自身、ほぼ諦めモードで「ミルクタンク(ラティシマタッチ専用)」のみを別途購入覚悟でいたのですが、あれって別売りで1万ちょっとするそうで、内心ほんと直って良かったと思いました。

 

お手軽で簡単」と言われる一方で、こういった面倒な部分もありますが、Nespressoにはそこまでしても苦にならないほど、美味しいコーヒーを味わう事ができるので、工程の一つとして覚えておいてほしいと思います。

Nespresso「ラティシマタッチ」のミルクタンクお手入れ方法を知っとく!